マダム・バタフライインターナショナル

  • お知らせ
  • 事業内容
  • オペラ「マダム・バタフライ」とは
  • イベント情報
  • 後援協賛
  • マダム・バタフライインターナショナル

    イベント情報

    世界コンクールの歴史

    第9回大会(2007年)モルドヴァ

    15年ぶりに再開された第9回大会は、第1回大会優勝者のマリア・ビエッシュの祖国モルドヴァ共和国で開催された。国をあげての国家行事として行われた大会には、世界各国から才能あふれる若き声楽家たちが参加した。この大会で日本人初の優勝を果たしたのが村上敏明であった。優勝、第1位がすべて日本人で占められた。日本人オペラ歌手の実力を世界に知らしめる結果となった。
    なお、大会前、日本の伝統文化・芸能を紹介する各種イベントが現地キシニョフの国立オペラ・バレエ劇場で行われた。大会後の2008年1月、東京オペラシティコンサートホールでモルドヴァ大会入賞者祝賀演奏会が開催された。

    優勝
    村上 敏明(テノール)
    日本

    国立音楽大学声楽学科卒業。平成11年度文化庁国内研修員。平成13年度文化庁在外研修員としてイタリア・ボローニャへ2年間留学。大学在学中よりオペラデビューしイタリアオペラを中心に36役の幅広いレパートリーを有し新国立劇場・藤原歌劇団や、イタリアの劇場・フェスティバル等、国際的に活躍している。イタリアの12の国際声楽コンクールで優勝または上位入賞。2004年には、第40回日伊声楽コンコルソ第1位、第35回イタリア声楽コンコルソ・シエナ大賞と、国内2大タイトルを獲得し話題を集める。2005年1月、藤原歌劇団「椿姫」アルフレードは絶賛を博し、2006年には、2月・同公演「蝶々夫人」ピンカートン、9月・首都オペラ「仮面舞踏会」リッカルド、12月・日本オペラ協会「葵上」光源氏に出演。2007年1月、NHKニューイヤーオペラコンサートに初出演。2007年1月には、藤原歌劇団「ラ・ボエーム」ロドルフォで出演して絶賛を博し、NHKでも全曲放送された。そのあとも、10月・大田区民オペラ「ノルマ」ポッリオーネ、11月・藤原歌劇団「蝶々夫人」ピンカートン、2008年2月・新国立劇場「黒船」領事、7月・同「椿姫」アルフレード等に出演。2007年9月、第9回マダムバタフライ世界コンクール・モルドヴァ大会で日本人初のグランプリを受賞。平成16年度五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。現在最も期待されている、実力派若手テノール歌手として活躍している。

    第1位
    野中 百合子(ソプラノ)
    日本

    東京藝術大学・音楽学部・声楽科卒業。久城理絵子、原田茂生、寺沢直樹、各氏に師事。 在学中に、毎日新聞・毎日新聞東京厚生文化事業団主催「歳末助け合い第47回チャリティーコンサート」ヘンデル「メサイア」のオーデションに合格し、ソプラノソロで出演。 卒業後は、コンサートを中心として、ベートーベン「第九」などのソロ活動を行う。 2006年9月、渡米。現在、アメリカ・ボストンに在住。Longy School of Music(ロンジー音楽院)のオペラ科に在籍。Donna Roll(ドンナ・ロール)、 安田紀子、各氏に師事。 アメリカでの活動としては、ニューハンプシャー州・サマープログラムOpera North (オペラノース)において、「トゥーランドット」リュウ役のアンダースタディーを演じる。ヴァーモント州「パブリックラジオ」に出演し好評を博す。フロリダ州「キーウエスト交響楽団」主催の「ソルフェスト・オペラセミナー」に参加。また、フィラデルフィアで開催された「第46回・第47回 マリオ・ランザ顕彰晩餐会・前夜祭コンサート」にゲスト出演。 2008年の3月に、フロリダ州「キーウエスト交響楽団」との演奏、またドイツで「蝶々夫人」蝶々に出演。

    第1位
    笛田 博昭(テノール)
    日本

    名古屋芸術大学音楽声楽科を首席卒業。同大学院音楽研究科専攻修了。05年熊本シテイオペラ『蝶々夫人』(ピンカートン)、06年『カルメン』(ドンホセ)、浜松市民オペラ『カヴァレリア・ルステイカーナ』(トゥリツドウ)、熊本シテイオペラ『トロヴァトーレ』(マンリーコ)、新宿区民オペラ『トゥーランドット』(カラフ)、エウロ・リリカ主催『運命の力』(ドン・アルヴァーロ)、『ドン・カルロ』(タイトルロール)、『リゴレット』(マントヴァ)、『椿姫』(アルフレード)等々に出演。07年10月上海で『蝶々夫人』(ピンカートン)出演など多数のオペラコンサートに出演。第37回イタリア声楽コンコルソでイタリア大使賞を受賞。07年1月藤原歌劇団公演『ラ・ボエーム』(ロドルフォ)に出演。07年第9回マダムバタフライ世界コンクールで第1位獲得。ベートーベン『第九』等のソリストも務める。声楽を中島基晴氏に師事。アミーチカント会会員。現在名古屋芸術大学実技補助員。 今後の活躍が期待される新人テノール歌手。

    マダム・バタフライインターナショナル